退職代行の流れとは?

退職の意思を勤務先に対して代わりに伝えてもらうことで、自ら伝えなくても辞められるというのが退職代行サービスです。

退職を願い出ても引き留められる、パワハラを受けていてこれ以上は出社できないなど退職代行サービスを利用する理由は人それぞれですが、退職することで悩んでいる人にとってはとてもありがたいでしょう。

退職代行業者に依頼するにあたっては、あらかじめどんな手続が必要になるかということを知っておくとスムーズです。そこで、このページでは退職代行サービスを利用するときの一般的な流れについて解説します。

スポンサーリンク
▼即日で退職したいなら

退職代行サービスを利用するときの一般的な流れ

退職代行サービスを利用する場合、一般的にはまず依頼を考えている業者に無料相談を行い、その後に正式な依頼と打ち合わせをしてから退職の意思を業者が代わりに伝えます。以下でその内容を詳しく説明します。

無料相談

退職代行サービスを提供する業者はどこも無料相談を行っています。いきなり依頼するのではなく、まずは無料相談で以下のような点を確認しましょう。

  • 必ず退職できるのか、失敗することはないか
  • いつから出社しなくてよいのか
  • 会社から損害賠償請求をされないか
  • 有給休暇は消化できるのか
  • 会社から連絡は来るのか
  • 親にバレないようにできるか
  • 必要な書類(離職票や源泉徴収票など)は受け取れるのか
  • 会社に置いてある持ち物はどうなるのか
  • 会社から預かっているものはどうすればいいか

以上のような質問に対して1つ1つ、丁寧に回答してくれるなら信頼できる業者の可能性が高いです。逆に、簡単な回答しかもらえない場合は避けたほうが無難です。

業者にとってあなたは数多くいる見込み客の1人かもしれませんが、退職する立場からすれば一大事です。そのため、業者の見極めはとても大事です。

相談の手段は電話、メールのほかLINEでできるところが多いです。ただ、業者の信頼性をしっかり見極めたいならなるべく電話で相談するのが良いでしょう。

退職代行業者を利用するにあたってはあらかじめ、すべての疑問点をしっかり解消してからにすることをおすすめします。

正式な申し込みと代金の支払い

無料相談の結果、信頼できる業者を見つけることができたら正式に依頼し、代金の支払いをします。代金の支払方法は銀行振込やクレジットカードによるところが多いです。

代金は一般的に先払いですが、弁護士が行う退職代行サービスの場合は依頼人が得た経済的利益に一定の割合をかけた金額を成功報酬として請求されることが多いので、この分は後払いになります。

打ち合わせ

代金の支払いについて確認が取れたら、あなたの勤務先についての情報や退職にあたっての希望を伝えるために打ち合わせをします。

希望する条件はなるべく細かく伝えましょう。依頼する退職代行業者が弁護士の場合、有給休暇の消化、退職金の金額、未払い残業代の請求などの交渉ができます。せっかく弁護士に依頼するのなら、法律上の上限までしっかり請求するのが良いですね。

またどんなスケジュールで依頼が実行され、いつ頃、正式に退職できるのかということも確認しておいてください。

業者による伝達の実行

退職代行業者は任務の遂行に必要な情報が集まったら、いよいよあなたの会社に退職の意思を伝えます。

退職代行業者による退職の意思の伝達が行われたら、その後の進み具合についてはなるべくこまめに報告してもらいましょう。

なお退職の意思が会社に伝わると、会社から自身に連絡が来るのではないかと不安になる人が多いのではないでしょうか。そのような場合は業者に対し、会社から本人に連絡をさせないように伝えてもらってください。

100%の保証はありませんが、本人に連絡をしないでほしいと伝えたほうが、連絡が来なくなる可能性が高いです。

退職手続の完了

退職が正式に決まり、退職日その他の問題がすべてまとまったら、あとは事務的な手続をするのみです。

会社に対して健康保険証や借りているものを返却し、離職票や源泉徴収票など必要書類を受け取ればすべて完了です。もちろん、書類などの返却は郵便や宅配便でできます。

退職代行業者の中には次の転職のサポートや、失業保険の手続のサポートをしてくれるところも一部、あります。退職代行業者を選ぶうえではそうした点も考慮してもいいかもしれません。

流れを理解しておけばスムーズに進みやすい

退職代行サービスを利用する人の中にはパワハラで悩む人も多いらしく、切羽詰まった状況にあると勢いで申し込んでしまうこともやむを得ないかもしれません。

ただ、少しでも耐えられるのであればあらかじめ業者としっかり打ち合わせをし、退職の意思を伝える前にできることはすべて行ってから伝えてもらったほうがスムーズであることは間違いないです。

何事も段取りが大事なので、退職代行サービスを利用するならどんな問題が起きる可能性があるのかをあらかじめ把握しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました