退職代行サービスを利用して、なるべく親にバレずに退職するためにはどうすればいい?

就職したばかりなのに会社をどうしても辞めたいという場合、できれば親に辞めたことを知られたくないですよね。

いずれはバレてしまうにしても、せめて退職してしばらく経ってからにしたいという気持ちがあることは理解できます。

退職代行サービスを利用して退職する場合、業者にその点を伝えることでなるべく親に知られずに退職することは可能です。ただし100%大丈夫という方法はありませんので、その点は承知しておきましょう。

この記事では退職したことが親にバレるきっかけと、なるべくバレないようにするための方法について解説します。

スポンサーリンク
▼即日で退職したいなら

どんなとき、会社を退職したことが親にバレる?

会社を退職するという行為は本人の意思だけでできるので、基本的に会社がいちいち親に連絡を取ることはありません。そのため、1人暮らしであれば親にバレることはあまりないでしょう。

実家暮らしの場合、会社に出勤するフリをしていれば、しばらくはバレずに済むかもしれません。

しかし、会社から退職関係の書類(離職票など)が送られてきたり、何か理由があって電話連絡をしてきたりするようなことがあれば発覚してしまうことがあります。

いずれにしても、実家暮らしなら時間の問題で知られてしまうので、あらかじめバレたときの対応を考えておくべきです。

退職代行サービスを利用する場合、親にバレる?

退職代行サービスを利用して退職する場合、親に連絡をしないように業者から依頼することで親バレを防ぐことはできます。

ただし、退職代行業者は基本的に本人の意思を会社に伝えるだけなので、必ずしもそれで会社が親に連絡をしないとは限りません。

会社が手続や引き継ぎのため、本人にどうしても出社させたいのに拒んでいるような場合、もしかしたら嫌がらせのような意図で親に連絡をする可能性がないとは言えないでしょう。

この点についてどうしても親に連絡されたくないという場合は一般の退職代行業者ではなく、弁護士が行っている退職代行サービスを利用するほうが良いかもしれません。なぜなら弁護士は単に退職の意思を会社に伝えるだけでなく、代理人として活動できるからです。

会社の立場から考えても、一般の業者から言われるのと弁護士から言われるのではその重みが違うはずです。そのため、親にバレるのはどうしても避けたいというのであれば、弁護士に依頼するほうが良いです。

親には事後報告でもやむを得ない

子どもが初めて就職したとき、たいていの親は喜んでくれるものです。

それなのに、期待を裏切るような形で辞めることになってしまった場合、なかなか報告できませんよね。

でも、ずっと報告しないでいるのは難しいはずです。そのような場合は既成事実を作ってしまってから事後報告という形で伝えるしかないでしょう。

もともと新卒で入社しても3年以上勤めずに辞めてしまう若者が多いことは、親の世代なら承知しているはずです。「第二新卒」という言葉もあるくらいで、世間的には決して珍しくありません。

そのため、あなたが親に恐る恐る報告しても、実際に言ってしまえば「なんだ、そんなことか」という程度で終わってしまうこともあるでしょう。

両親も、あなたが嫌な仕事を無理して続けるよりは、良い仕事を見つけてやりがいを感じながら働いてもらいたいと考えているはずです。

辞める前に親に相談しても、良い結果にならないこともある

新卒で入社したばかりの会社を辞める場合、本来なら辞める前に親に相談すべきと考えるかもしれません。しかし、辞める前に相談すると、親の性格や価値観によっては面倒なことになる可能性もあるでしょう。

親の世代なら、なるべく入社した会社で長く働くべきと考えていることも珍しくありません。そのような場合は辞める前に相談すると説得され、逆効果になることも考えられます。

価値観の違いは話し合いで解決しないことも多いので、議論してもケンカになるだけということも考えられます。また、父親と母親で意見が合わないこともあるでしょう。

どちらが良いかというのは家庭によって違います。両親がどんな人なのかということは、あなたが一番よく分かっているはずですよね。事前に相談したらどんな反応をするか考え、あらかじめ伝えてしまうか事後報告にするか考えてみてください。

新卒で入社後、すぐに退職するのはそれほど大ごとではない

厚生労働省の調査によれば、新卒で入社した人のおよそ3人に1人が3年以内に退職しています。

そのため、退職の話を切り出される上司の立場からみても決して珍しいことではないので、意外とあっさり受け入れてくれる可能性もあります。

どうしても自分で退職の意思を伝えられない、あるいは今の会社がブラック過ぎて退職したいと言っても無視されるなら、退職代行サービスの業者を探してとりあえず相談だけでもしてみましょう。

実際に退職している人の話が聞ければ退職の意思も固まるかもしれませんし、逆に今の職場にとどまろうと考えるかもしれません。

いずれにしても相談することで新しい情報が手に入り、今の悩みが1歩前に進みます。そのため、迷っているなら良さそうな業者をみつけて相談してみるのがいいですよ。

タイトルとURLをコピーしました